誰かの花


誰かの花|監督:奥田裕介|2021年|日本|115分|5.1ch|アメリカンビスタ
製作:横浜シネマ・ジャック&ベティ30周年企画映画製作委員会
宣伝・配給:GACHINKO Film

Introduction

横浜黄金町で30年営業を続ける2スクリーンの老舗の映画館、横浜シネマ・ジャック&ベティ。映画愛あふれるセレクトによる作品上映は地元のみならず県外にも多くのファンを持つ。そして映画界の重鎮の映画監督・俳優は元より若手映画監督からも愛されている映画館でもある。
本作は、2021年に30周年を迎えるジャック&ベティの企画作品としてつくられた。

Story

鉄工所で働く孝秋は、薄れゆく記憶の中で徘徊する父・忠義とそんな父に振り回される母・マチのことが気がかりで、実家の団地を訪れる。
しかし忠義は、数年前に死んだ孝秋の兄と区別がつかないのか、彼を見てもただぼんやりと頷くだけであった。
強風吹き荒れるある日、事故が起こる。
団地のベランダから落ちた植木鉢が住民に直撃し、救急車やパトカーが駆けつける騒動となったのだ。
父の安否を心配して慌てた孝秋であったが、忠義は何事もなかったかのように自宅にいた。
だがベランダの窓は開き、忠義の手袋には土が…。
一転して父への疑いを募らせていく孝秋。
「誰かの花」をめぐり繰り広げられる偽りと真実の数々。
それらが亡き兄の記憶と交差した時、孝秋が見つけたひとつの〈答え〉とは。

Cast

カトウシンスケ

野村孝秋 役

吉行和子

野村マチ 役

高橋長英

野村忠義 役

和田光沙

楠本灯 役

村上穂乃佳

長谷川里美 役

篠原篤

岡部聡 役

太田琉星

楠本相太 役

カトウシンスケ / 吉行和子 / 高橋長英
和田光沙 / 村上穂乃佳 / 篠原篤 / 太田琉星
大石吾朗 / テイ龍進 / 渡辺梓 / 加藤満 / 寉岡萌希 / 富岡英里子 / 堀春菜 / 笠松七海

Photo

STAFF

脚本・監督:奥田裕介
撮影: 野口高遠|照明 : 高橋清隆|録音:高島良太|衣装:大友良介|ヘアメイク:ayadonald / 大久保里奈|制作:佐直輝尚|助監督:松村慎也 / 小林尚希 / 高野悟志|音楽:伴正人|整音:東遼太郎
エクゼクティブプロデューサー:大石暢 / 加藤敦史 / 村岡高幸 / 梶原俊幸
プロデューサー:飯塚冬酒

脚本・監督:奥田裕介

1986年生、神奈川県出身。日本映画学校(現・日本映画大学)で映画制作を学ぶ。
映画やドラマの現場で演出部や制作部を経験。
ドキュメンタリー映画の構成、ミュージックビデオの脚本・監督、舞台でも脚本提供や作・演出など多岐にわたり活動。本作が劇場公開作品第2作目となる。

プロデューサー:飯塚冬酒

『世界を変えなかった不確かな罪』(奥田裕介 監督)、『夢こそは、あなたの生きる未来』(小野篤史 監督)、『FRIDAY』『歌と羊と羊飼い』(四海兄弟 監督)など

撮影:野口高遠

1986年生、千葉県出身。映像カメラマン、ビデオグラファー。映画・CMなどのカメラマンとして活動。『書くが、まま』(上村奈帆 監督)、『透明花火』(野本梢 監督)、『世界を変えなかった不確かな罪』(奥田裕介 監督)など

音楽:伴正人

作曲屋・作曲家・指揮者・編曲家。昭和音楽芸術学院にて作曲を昭和音楽大学にて指揮と作曲を学ぶ。映画、ミュージカル、ゲーム音楽、テーマパークBGM制作など幅広く活動。国内および海外の作曲コンクールにて数多くの受賞歴あり。『歌と羊と羊飼い』(四海兄弟 監督)など

ジャック&ベティ    タヒチプロモーション    加藤組鉄工所    本間興業    ガチンコ・フィルム