MAY 13~JULY 31, 2020

アメイジング授賞式

監督:新井健市(2019年|日本|13分40秒)

【横濱インディペンデント・フィルム・フェスティバル 短編部門 優秀賞】
砂糖甘太郎はとある映画祭でグランプリを獲得。迫り来る副賞に甘太郎は果たして耐えられるのか。

MAY 01~JULY 31, 2020

溺れるボレロ

脚本・監督・編集:奥田裕介(2013年|日本|19分59秒)

とよ子は “自称・元人魚” の男―小池と出会う。
小池は “半魚人の友達” ―山本を待ち続けているという。

MAY 01~JULY 31, 2020

あの一瞬とそれ以外全部

脚本・監督・編集:奥田裕介(2014年|日本|43分27秒)

“存在しないもの” としていた兄が 18 年ぶりに現れた。
とある願いと想いを抱えて。
二人はかつて住んでいた家へと向かう。

MAY 01~JULY 31, 2020

ワークさん

監督:小野篤史(2015年|日本|24分)

大学三年生になり就職が見えた瞬間、
まわりが何か変わっていきます。
なんででしょう。

MAY 01~JULY 31, 2020

八浪二郎

監督:小野篤史 (2013年|日本|27分)

大学に行くと決めた二郎。第一志望の大学しか受験しない。受からない。
まわりのみんなはどんどん大人になっていきます。
そんな二郎の物語

MAY 01~JULY 31, 2020

その夜を越えて

監督・編集・撮影:澤佳一郎(2016年|日本|12分)

【横濱インディペンデント・フィルム・フェスティバル2017 短編部門 最優秀賞】
幼くして父と離れ離れになったちひろ。
ある日、母と些細な喧嘩をしたちひろは、父との思い出の場所へと向かう。

MAY 01~JULY 31, 2020

にちじょう

監督 / 脚本:土井克馬(2018年|日本|5分)

【横濱インディペンデント・フィルム・フェスティバル2019 短編部門 最優秀賞 】
古い古民家。そこには家族が住んでいる。家族は当たり前に日々を過ごしている。そこにある当たり前は、本当に当たり前のことなのか。

~JULY 31, 2020

サムライゾンビ・フラジャイル

監督:山岸謙太郎(2013年|日本|24分)

【横濱HAPPY MUS!C映画祭2013 短編映像部門 最優秀賞】
ゾンビとじじい...生き残るのはどっちだ!?
侍ゾンビ上下左右衛門之助(うえしたさえもんのすけ)は、ゾンビであることを隠しアマチュア探偵横井昭吉(80)の元でお手伝いとして居候していた。そこへゾンビマフィアに追われる女、赤井葵(26)が現れたところから事始まる。頼まれてもいないのに事件の捜査に乗り出す昭吉。仕方がなく付き合わされる左右衞門之助。ドタバタな捜査は思わぬ真相にたどり着く。
ゾンビと老人のコンビは赤井葵をゾンビマフィアの手から守ることができるのか?
そして左右衞門之助は自分がゾンビであることを隠し通せるのか?
昭吉の寿命は持つのか?
それぞれの思いをのせて驚きのラストへと向かう!
(2013年|日本|24分)

MAY 01~JULY 31, 2020

自分と天道虫と首吊りの部屋

監督:中村光男(2014年|日本|15分)

【横濱HAPPY MS!C映画祭2014 短編部門 最優秀作品】
自殺できずにいる女性の元に『力になる』と書かれた手紙が届く。 幇助を受けようとその場所へ行くと…。

~JULY 31, 2020

鉄人ゲッパー

監督:松村慎也(2015年|日本|28分30秒)

娘の結婚式直前ーー。米屋だいまさの親父はひとり悩んでいた。このままやるせなく娘を嫁にやって良いものか。晴れ舞台にこそ、なにか出来ることがないのか。親父は閃いた。そうだ。俺がサプライズやっちまおう。結婚式に、アイツがぐっとくる何かをカメラにおさめて、見せてやろう。勘違い親父の暴走コメディ!!

MAY 01~JULY 31, 2020

キープ

監督:田村専一(2014年|日本|22分)

スターになりたかった照男。その夢も儚く散る。そんな時本物のヒーロー達に出会う。得意の折り紙で世界を平和に変えて行こ うと頑張る照男。

MAY 01~JULY 31, 2020

赤い靴、

監督:武子直樹(日本|2015年|27分)

童謡「赤い靴」をモチーフに、離ればなれになった少女と母親を結ぶ赤い靴の流転の旅を描く。
横浜の船着き場に片方だけの赤い靴が浮かんでいた。
拾い上げた女の殺し屋はそれが今では外国で養女として暮らしてる幼い娘にあげた靴だと分かった。
娘は無事なのか?もう片方の靴はどこへいったのか?
様々な思いが交錯する中で、女はもう片方の赤い靴を探し出そうとする。

~JULY 31, 2020

わたしの王子

監督:小田学(2014年|日本|32分)

転校を控えた高校生の奈緒は、最後の演劇大会に向けて、友情以上の感情を抱いている希美とのキスシーンが入った台本を書き上げる。だが、些細な事で二人は仲違いしてしまう…。