MAY 01~JUNE 30, 2020

この世はありきたり

監督・脚本:塩出太志(2018年|日本|63分)

【横濱インディペンデント・フィルム・フェスティバル2018 長編部門 最優秀賞】
ユキは毎日考えている。
自分が「特別な存在」なのかどうかを。
それは誰もが一度は考えるありきたりなことかも知れない。
ではありきたりじゃないとはどういうことなのかなと考えれば考える程、
何が起こっても世の中からしたら、いや地球からしたら、
いや宇宙から考えたら、神様の視点からすれば、
ありきたりなのかな。
何にせよ、この世はまだまだ無くなりそうではないので、
今日も「特別な存在」について考えてみる。

MAY 01~JULY 31, 2020

ぼくと、彼と、

監督:四海兄弟(2019年|日本|75分)

日本に暮らすベトナム難民二世の青年と介護の必要な母親を暮らす日本人青年。
ふたりが出会い、ともに人生を歩むことを決意する。
ふたりの前には、国籍、家族など、さまざまな問題が・・・そしてふたりを応援する周囲の暖かい眼。
日本で暮らすマイノリティカップルの結婚式とその先に在るものは? ふたりと、家族の物語。

MAY 01~JULY 31, 2020

夢こそは、あなたの生きる未来

監督:小野篤史(2018年|日本|74分)

2016年度ミス日本コンテストに臨んだ女性たちの姿を追った作品。
コンテストに女性たち、そしてミスに選ばれたもの、選ばれなかった者の1年間を捉えた作品。